HSX  製造業 [医薬品] 売上規模で第2位の製薬会社

IMP

  略称: Imexpharm

イメックスファーム医薬品

【基本情報】
資本金 667,053,700,000 VND (2022年08月08日 現在)
流通株式数 66,671,570 株 (2022年08月08日 現在)
会社設立日 1983年
株式会社化 2001年08月01日
上場日 2006年12月04日
株価(終値) 62,100 VND (2022年08月16日 現在)
時価総額 4,140,304,497,000 VND (2022年08月16日 現在)
外国人保有率 48.87% (2022年08月08日 現在)
主な登録事業 医薬品・殺菌剤の生産、漢方薬の生産、医薬品及び医薬品原料の売買、医療設備の売買、医薬品の保管、栄養食品の生産・売買など
【財務データ】 (貸借対照表&損益計算書)

◇年度・上半期:監査済み、◇四半期:監査無し
(単位:100万 VND, 期末時点の株価のみ 1,000 VND)
(Q1=1~3月、Q2=4~6月、Q3=7~9月、Q4=10~12月、H1=1月~6月、H1=上半期)

年度/ 2019202020212022/Q2
流動資産 779,755 981,975 1,176,340 936,386
非流動資産 1,067,419 1,114,480 1,118,360 1,160,845
資産の部 1,847,174 2,096,455 2,294,700 2,097,231
負債の部 288,285 365,969 500,290 327,111
資本の部 1,558,889 1,730,486 1,794,410 1,770,120
売上高 1,402,454 1,369,422 1,266,597 354,452
営業利益 203,042 262,555 234,071 55,370
税引前利益 202,429 255,441 238,859 59,257
税引後利益 162,387 209,697 189,095 46,612
期末時点の株価 48.00 56.30 74.60 0.00

【各種財務指数】

年度/ 2019 2020 2021 2022/Q2
[ROA]総資産利益率(%) 8.97 10.63 8.61 2.22
[ROE]株主資本利益率(%) 10.60 12.75 10.73 2.63
[BPS]1株あたり純資産(VND) 31,543 25,942 26,901 26,536
[PBR]株価純資産倍率(倍) 1.52 2.17 2.77 0.00
[EPS]1株あたり利益(VND) 2,892 2,773 2,600 615
[PER]株価収益率(倍) 16.60 20.30 28.69
[NPM]税引後利益率(%) 11.58 15.31 14.93 13.15
配当(VND) N/A N/A N/A
配当利回り(%) N/AN/AN/A
【最新ニュース】
会社名
(VN)
CONG TY CO PHAN DUOC PHAM IMEXPHARM
会社名
(EN)
IMEXPHARM PHARMACEUTICAL JOINT STOCK COMPANY
住所 No 4, 30/4 Str, Ward 1, Cao Lanh CIty, Dong Thap Province
TEL (84-277) 3851 620
FAX (84-277) 3853 106
URL http://www.imexpharm.com
E-mail imexpharm@imexpharm.com
【株価チャート】

【増資の変遷】(単位:100万VND)

時点 資本金
2017年06月429,782
2020年07月642,361
2020年10月667,054

【株主構成】(2021年03月18日現在)

株主 保有株式数(株) 保有率(%)
政府 なし なし
国内 33,985,939 50.95
海外 32,685,631 49.00
金庫株 33,800 0.05

【5%以上を保有する株主】(2022年07月21日現在)

株主 保有株式数
(株)
保有率
(%)
SK Investment Vina III PTE. LTD 35,981,916 53.94
BKA投資株式会社 35,981,916 53.94
ベトナム医薬品[DVN] 14,696,534 22.03
ビンミンキム投資株式会社 6,149,030 9.22
N/A N/A N/A

【子会社・関連会社】(2012年02月17日現在)

会社名 資本金
(10億VND)
保有率
(%)
ザーダイ薬品社(有) 1 26.00
アンザン薬品社(株) 56 25.50
ソクチャン薬品社(株) 21 25.50
(※保有率上位5社を表示)

ページトップへ

【概要・マーケットシェア】
◎製薬会社で株式会社化および上場第1号企業。
◎1990年代末に積極的な設備投資を実施し、製造から保管までGMPの各種基準に基づき生産するようになった。
◎南部に製薬工場4か所を保有(2019年末)。うち3か所がWHO-GMP認定より厳しいとされるEU-GMP認定を取得。4か所目となる新工場は2019年にWHO-GMP認定を取得しており、2021年中にEU-GMP認定を取得する見通し。
全国のEU-GMP認定工場の数はIMPの工場を含めると15か所程度となっている(2019年9月)。
◎EU-GMP認定を取得しているため、特効薬でも病院への入札で海外ブランドの医薬品と対等に競争でき、輸出のチャンスもある。
◎同業者と違って、中国やインド、パキスタンなどから原材料を調達せず、ヨーロッパ、北米から高品質の原材料を調達する戦略を取っているため、Sandoz、Novartis、Sanofi-Aventis、Pharma Scienceなど世界大手製薬会社からOEM生産を初めて受託する国内製薬企業になった。
◎ペニシリン系抗生剤、セファロスポリン系抗生剤、非βラクタム系抗生剤、機能性食品を中心に生産。
◎主力市場は南部メコンデルタ地方とホーチミン市のある東南部地方。支店20か所を有し、競争入札で病院などに納品するほか、薬局に製品を直接出荷(2019年末)。
◎売上高構成比率(2019年):
+事業別:◇自社ブランド製品:92%、◇受託生産による製品:7%、◇他社商品販売・輸出:1%。
+販売ルート別:◇薬局(OTC):66%、◇病院(ETC):34%。
【事業戦略&投資計画】
◆病院への納入入札を規定する保健省の通達第3号/2019/TT-BYT、通達第15号/2019/TT-BYTには、国産医薬品を優先する多くの事項が盛り込まれている。これを背景に、当社は病院(ETC)への販売ルートを強化する戦略を取っており、2020年までに同ルートによる売上高の割合を40%に拡大させることを目標に掲げている。

ページトップへ